個性を磨き道を開いて行きたいすべての人へ…

絵を売る【商品展開をしてみる】

こんにちは。

画家、イラストレーターの奥田みきです。

私は絵の講師もしていることもあって

良く「絵の仕事をしたい」という方からご相談を受けます。

 

「絵の仕事」と言っても色々ありますが

絵の仕事の種類についてはこちらにも記載しています。

関連記事

こんにちは、画家・イラストレーターの奥田みきです。 私は長い間イラストレーターや画家の仕事をしていますが 「絵を仕事にしたい」という相談も良く受けます。   「絵を仕事にしたいのだけれど、具体的にどんな仕事[…]

 

絵やイラストは原画を売る他にも、絵を使って色々な商品展開をすることも可能です。

今回は商品展開の基本について書いてみますね。

 

実際展覧会で絵を売る

ちなみに、今回お勧めするのは

「原画を売るだけではない商品展開を考える」ことでが

その前に、展覧会で絵を売った場合について記載します。

 

原画は展覧会以外にもネットなどでも販売することも出来ますが、

「絵はネットで売ることが難しい商品の一つ」と言われています。

 

良くある、出展料を払って出す「展覧会」に出展した場合には

出展料や経費などが掛かり、手元に残るお金は余り多くはありません。

 

でも展覧会で絵を売ることが意味がないかと言えばそんなことはなく、

「認知して貰うための活動」は、(特に最初の内は)利益を上げることだけが目的ではなく、

いわゆる「宣伝活動」の一つと考えると良いと思います。

こういったところで付いたファンが

個別にオーダーしてくださることもありますので。

原画以外の商品展開を考える

そこでお勧めするのは、「原画以外の商品を考える」です。

 

私の場合の物販は、ジクレー版画やオラクルカードなどの売り上げです。

 

物販は新規に制作するものではなく、

制作した製品を回すことをメインに考えています。

 

しかし物販も、最初から安定した収入が合ったわけではなく

最初は100円のポストカードからスタートして

「収入」とは言えないレベルの売り上だった時期もあります。

 

ちなみに私は学生時代「商品企画」をメインで学んでいて、

「商品企画デザイナー」も少しやっていたこともあり

これは現在とても役立っています。

販売しやすい商品を考えてみましょう

実際にどういう場所で販売するかはまた後日記載しますが、

原画のみを商品と考えずに、

色々な展開を考える事をお勧めします。

 

▼商品を作るメリットは

・原画は高くて買えなくても、商品なら購入出来ルという方も多い。
・自分の絵を広めやすい。
・人気のある絵柄の傾向が分る

などがあります。

 

商品展開は大きく分けると
下記の様になります、

・在庫型
・製作/複製型、
・製作/新規制作型

一つづつ見ていきましょう

在庫型

在庫型は私で言えばオラクルカードです。

最初にある程度の数を制作するものです。

印刷物などはこれになりますね。

 

在庫型は最初の出費が掛かりますので、

最初はお勧めしません。

 

売れなかった場合、デットストック、赤字になってしまうからです。

 

ポストカードもいきなり印刷よりは

自分でプリントして様子を見る方が良いでしょう。

 

▼在庫型のメリット
・一旦作れば在庫を売っていける
・比較的売りやすい
▼デメリット
・最初の出費がかかる
・デットストックになる危険性もある

製作/複製型

製作/複製型は、ジクレー版画やアートプリント、

ポストカード、スマホケースなど色々あります。

 

新規に絵を描き下ろすのではなく、規正の絵を使います。

 

▼製作/複製型のメリット
・オーダーが入ったら制作出来るので、
最初の出費やデットストックが出ない。
▼デメリット
発注、制作に多少の手間が掛かる。

 

★商品展開をはじめてやる方には
このラインがお勧めです。

新規制作型

 

新規制作型は、原画やオーダーアートなどです。

 

新規に絵を描き下ろす、いわゆる一点ものです。

 

▼新規制作型のメリット
・比較的高額な商品が作れる
▼デメリット
・高額なだけに定期的に発注が入るとは限らない。

 

複製型との差別化の必要がありますので

こちらは5000円以上の商品を考えるのが良いです。

 

手間を考えれば、出来れば10,000円以上が理想ですが

最初は5000円位で小さいサイズからはじめると動きやすいと思います。

最初は商品企画の練習のつもりで

商品展開の基本はこんな感じです。

最初から

「じゃあ商品を沢山売って利益を上げよう!」

というより、まずは練習のつもりで

気楽にやってみるのが良いと思います。

 

というのも殆どの場合最初は余り商品が動かないからです。

 

やっている内に「自分の売れ線」も見えてきますし

どうやって商品展開をして行って良いのかも分ってきます。

 

どんなことでもそうなのですが

人によってどんな方法が良いかは異なっています。

 

売れなかった時に

・商品展開が間違っているのか
・価格設定が間違っているのか
・自分の商品を購入してくれる層にアピール出来ていないのか

などなど、様々な理由が考えられます。

 

人の成功体験はあくまでも”参考”であって

自身の経験だけが本当の「成功体験」になりますので、

まずは「自分でやってみる」習慣を身に付けてくださいね。

実際に販売する方法や値段の付け方、

詳細にお伝えしたい内容についてはまた別の機会に記事にします。

 

まとめ

 

商品展開をさせるのは、時間の掛かる新規制作以外の

収入源を持っている安心感もありますが

比較的入手しやすい価格のを制作することで

沢山の人に手にとっていただける様になります。

 

ここからファンを増やして行くことも出来ますし

何より自分の創った物を購入してくれる人がいるのは

創作の励みにもなります。

最新情報をチェックしよう!
>癒しの現代仏画と龍神画

癒しの現代仏画と龍神画

ジクレー版画をはじめ原画などの販売サイト

CTR IMG