コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)とは?│ご利益│神社│家系図│日本の神さま

こんにちは。幻想画家の奥田みきです。

今回は、日本神話に登場するコノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)という神様について、

「どんな神様なの?」

「どんなご利益があるの?」

「祀られている神社は?」

といった疑問に、神話のストーリーを交えながら分かりやすくお答えしていきます。

 

美しい女神さまらしいね! たのしみ!

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)とはどんな神様?

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)は、神話の世界においても「絶世の美女」と謳われる女神様です。

「女神」と聞くと、どこか絶対的で欠点のない存在のように思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし日本神話には、美人ゆえの苦労や女性としての強さが描かれていたりと、どこか人間臭くもあり、そしてやはり神様らしく尊敬の念を感じられる一面もあります。

そんなコノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)について、知っておきたい基本知識と魅力をご紹介します。

絶世の美女と謳われる

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)は、アマテラスオオミカミ(天照大神)の天孫であるニニギノミコト(瓊瓊杵尊)の妻であり、絶世の美女と謳われる女神です。

漢字で「木花開耶姫」と表記されることもあるように、満開の花のように美しく、そして短命だったこともあり、まさに「美人薄命」な生涯を歩んだ神様でもあります。

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)・桜が名の由来

華やかさと儚さを兼ね備えた花といえば、誰もが桜を連想するのではないでしょうか。

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の美しさは、

「桜のように美しいのではなく、桜がサクヤビメの美にあやかった」

と言われ、美しい女神たちに囲まれて育ったニニギが一目惚れしたほどだったとされています。

そんなコノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)について知っておきたい有名なエピソードについて、『婚姻』と『出産』に分けてお話していきます。

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)・ニニギノミコトとの婚姻

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)は、出会ってすぐに一目惚れしたニニギと婚姻します。

しかし、父親であるオオヤマツミノカミ(大山津見神)は、サクヤビメの姉のイワナガヒメ(磐長姫命)も一緒に嫁がせることにしたのです。

イワナガヒメの容姿は、コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)とは対照的で醜かったといいます。

その容貌に耐えかねたニニギは、イワナガヒメを父親のもとに送り返し、オオヤマツミを激怒させてしまいます。

 

それでどうなったの?!

オオヤマツミは実はある誓約を立てて娘を差し出していました。

その誓約とは……。

「サクヤビメがニニギを花のように繁栄させますように」

「イワナガヒメがニニギの繁栄を岩のように盤石にしますように」

というものでした。

歴代天皇の寿命が短くなった訳

恩を仇で返されたことに怒ったオオヤマツミは、「天孫(ニニギ)は短命になるだろう」と告げました。

この出来事から、本来なら永遠の命を手に入れられるはずだったニニギを始め、

その子孫とされる歴代天皇の寿命は、人と同じ(神様からすると短命)になってしまったといいます。

 

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)が美人だったから、というよりも、ニニギの容姿に対する執着が招いた悲劇であり、神様でありながらどこか人間らしくもあるエピソードです。

関連記事

こんにちは。 幻想画家の奥田みきです。 今回は、日本の神様の中で最高位に位置する『天照大神(アマテラスオオミカミ)』について、 「どんな神様なの?」 「ご利益は?」 「実在したの?」 といった素朴な疑問に、分かりやす[…]

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の火中出産

オオヤマツミの怒りを買ってしまったものの、ニニギとコノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)はめでたく夫婦となりました。

しかしここでも、ニニギの疑惑があるトラブルを招きます。

何とサクヤビメは、ニニギとの初夜で子どもを身ごもったのです。

ニニギは「たった一夜で子を授かるはずがない」と、妻の不貞を疑います。

芯の強さをみせう

夫に疑いの目を向けられたコノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)ですが、ここで身の潔白を示すために芯の強さを垣間見せます。

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)は自身への疑いを晴らすため、産屋に入って火を放ち、「もしニニギの子なら何があっても出産できる」と誓約をしました。

火中出産

そして危険と隣り合わせの状況で、

  • ホデリノミコト(火照命)海彦
  • ホスセリノミコト(火須勢理命)
  • ホオリノミコト(火遠理命)山彦

の三柱の子を無事に火中出産したのです。

凄い女神さまだね!

この火中出産は、「私は決して不貞しない」という、女性として、妻として、そして母親としての強さと愛の深さを感じられる、コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の有名なエピソードです。

そして優しげな名前と違って、実は結構気の強い女神様だったと言うことも分ります。

ちなみに、この時に産まれた三男のホオリノミコトの孫が、初代天皇である神武天皇とされています。

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の家系図

さて、ここで一旦コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の家系図を整理してみましょう。

このように、アマテラスの孫であるニニギと、コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の血統が、初代天皇へと繋がっているのが分りますね。

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の子供達の神話も面白いので、後日また別のページでお話しさせていただきます。

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)のご利益・ご神徳

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)のご利益・ご神徳には、ここまで紹介してきた神話にまつわるものが多数あります。

その中でも代表的なご利益が、安産・子宝・火難避け・酒造・農業などです。

 

安産・子宝・火難避けは、ここまでお読みくださった方でしたら想像に難くありませんよね。

火中出産を無事に終えたコノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)は、安産や火難避けのご神徳があるとされ、御祭神として祀られている神社でご利益にあずかることができます。

父親のオオヤマツミが奉られる神社とも関連

また父親のオオヤマツミは、コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の出産祝いとして、神聖な稲田で米を育てて酒を醸造したとされています。

さらには、コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)に「お乳の代わりに甘酒を作って子に飲ませた」というエピソードがあったり、オオヤマツミと共に祀られることも多かったため、酒造業や農業に対するご利益もあります。

関連記事

皆さま、こんにちは。幻想画家の奥田みきです。 今回は、瀬織津姫(せおりつひめ)という謎に包まれた神様について、 「どんな神様なの?」 「封印されたってどういうこと?」 「祀られている神社は?」 「龍神との関係は[…]

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)縁の神社

コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)を祀る神社は多数ありますが、中でも有名な神社は、全国に約 1300 社ある

浅間神社の総本社である「富士山本宮浅間大社」です。

境内には富士山の湧水でできた湧玉池(わくたまいけ)があったり、御神木として約 500 本もの桜が奉納されていたりと、コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)に特に縁のある神社となっています。

 

浅間大社の他にも、サクヤビメ縁の神社は様々あります。

子安神社(三重県伊勢市…伊勢神宮の皇大神宮に祀られている

伊勢志摩観光ナビ

伊勢神宮内宮の所管社です。 子授け、安産、厄除けの神としてしられています。 御祭神の木華開耶姫命(このはなさくやひめ…

都萬神社(宮崎県西都市) 日本 … 酒発祥の碑が境内に立っている

都萬神社 公式ホームページ

御創建の年代は定かではないが、当神社が初めて史書にみえるのは、「続日本後紀」で、仁明天皇承和4年(837)8月の条に「日…

木花神社(宮崎県宮崎市) コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)とニニギの … 行宮(仮の社殿)や火中出産した産屋の跡がある

高千穂神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫 … 降臨の地でありニニギとともに祀られている

宮崎県 高千穂の観光スポット、宿、ホテル、イベントなど旅行に便利な情報が満載です。ガイドブック、路線図、施設案内のダウン…

これらの神社が近所にありましたら、コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)の芯の強さや愛の深さに思いを馳せながら参拝してみると、

神社巡りを新たな視点で楽しめるかもしれませんね。

まとめ

絶世の美女とされながら、美貌ゆえの苦労も絶えなかったコノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売)。

しかし、その困難を乗り越えられるだけの勇気と力強さを持ち合わせているところが、神様として末永く信仰され、親しまれてきた理由ではないでしょうか。

もし、ご自身や大切な方に対して安産を祈願する機会がありましたら、ぜひ総本山の浅間大社を参拝して、ご利益にあずかってみてくださいね。

 

日本の神様ジクレー版画

癒しの神仏画・観稀舎

画家・奥田みきの絵画通販ショップ|仏画・日本の神様・龍神画 ・スピリチュアルアート

CTR IMG