個性を磨き、道を開いて行きたいすべての人へ…

自己紹介

 

こんにちは。画家/イラストレーターの奥田みきです。

 

私は現在、出版の仕事や展覧会活動をしています。

画歴はもうすぐ30年になります。

目の前にある課題に一つ一つ取り組んできたら、いつの間にか時間が経っていたと

いう感じです。

 

出版の世界では著作の本も数冊出版し、

著作のオラクルカードが海外でも発売されるなど、内外で作品を評価して頂いています。

 

画家とイラストレーターの仕事を両方やっている作家は少なくないですが、

私は自分の個性やこだわりを貫き、追求し続けて来たことで、

イラストレーターとしても画家としても自分の個性十分に発揮した

作家活動をすることができています。

 

そんな私ですが、ここに来るまでには紆余曲折も数多くありました。

(むしろ、失敗の方が多いくらいかも知れません)

 

下記ではこれまでの私のことを、少しお話させて頂きますね。

 

 

子供のころ

 

 

子供の頃から「お絵かき」が大好きで、

暇さえあれば絵ばかり描いていました。

 

小学校の中学年頃までは、活発で外でも良く遊ぶ子供でしたが、

いじめに合ったことから、外で遊ぶよりは、家の中で絵を描く時間がさらに多くなりました。

 

この頃から「空想物語」が大好きになり、

それは後に、ファンタジーや仏さまの世界、スピリチュアルの世界を描く事にも繋がって行きます。

 

学生時代~フリーのイラストレーターへ

 

(画像は初期の水彩メルヘン画の作品)

 

十代の頃の趣味は漫画を描くことと仏像巡りで、当時としてはまだ珍しい、

仏像大好き少女でした。

 

ただ仏画の世界は敷居が高く、当時は自分で描いて良いものだは思えなかったので、

仏画を描くことになるのはずっと後のことです。

 

高校卒業後はデザイン学校に進み、趣味で漫画絵を長く描いていたので、

小手先のテクニックは少しあったため、課題も楽しくこなしていました。

 

仕事としては「文具の商品企画デザイン」を目指していたのですが、

2年生の時、先生に

「君はイラストレーターでもいけるよ!」

 

と言われ、すっかりその気になってしまいます。

 

 

行動力はあったので、そこからは外部のイラストレーターの先生などにも積的に作品を見せ、

仕事も紹介して貰うなどして、学生の時からイラストレーターの仕事も始めました。

 

その後、「文具の商品企画デザイン」での就職も叶い、

仕事をしながら出版社への投稿や持ち込みなどもして、

フリーのイラストレーターになるべく準備を始めます。

 

イラストレーターの仕事をはじめてからも持ち込み営業もこなし、

それなりに仕事も取ることができていました。

 

しかし、最初にイラストレーターになった時には、

もう一つの画風である「メルヘン系のかわいい絵」で、

 

自分の中ではいずれ幻想系の絵に移行したいという思いがありました。

 

 

デッサンコンプレックスと時代の流れ

 

「子供の頃からお絵かきが好きで」、と書きましたが

子供の時から「物の形」を取る、

つまりデッサンが苦手で、

そのために、描きたいモチーフが上手く描けないことが多かったのです。

(可愛い絵はデッサン力はそれほどは問われないので)

 

デザイン学校時代にもあまりきちんをデッサンの授業もなかったので

イラストの仕事をはじめてからも、基礎力の弱さが気になっていました。

 

私は人物に興味があったので、人物を絶対に描きたかったのですが、

肝心の人物のデッサンが苦手だったのです。

 

もちろん、苦手なまま放っておいたわけではなく

デッサンコンプレックスを打破するため、デッサン教室などにも通います。

しかし当時は今のような「デッサン教室」があまりなかったため、

カルチャースクールの人物デッサン教室や、クロッキー会、

アトリエなど色々な場所に行って努力もかなりしましたが、思うように成果が出ません。

 

イラストレーターの仕事はそれなりにしていましたが、

 

「描きたい物があるのに描けないジレンマ」

 

それが長期に渡って続きます。

 

「これ以上は才能がないから無理!」

とか

「受験デッサンもやっていないので、今更やっても伸びないんだ」

 

とか、かなり悲観的になっていた時期もあります。

 

しかも追い打ちを掛けるように、時代の流行の変化で

イラストの仕事がどんどん減ってきました。

 

ゲームの仕事へ活路を見いだすも…。

 

 

そんな頃、携帯ゲーム、今で言うソーシャルゲームが爆発的に普及し、

凄い人手不足で、色々な会社が少しでもゲーム系が描ける人材を探していました。

 

前記の様に、仕事が少ない時期だった私は、ゲームの仕事に興味はあったことや

昔は漫画絵も描いていたこともあり、ゲーム業界に参入しました。

 

もちろんデジタルも初心者でしたし、甘い気持ちで参入した訳ではなく

 

「やるからには、新人のつもりで勉強して付いていこう!」

 

という決心ではじめました。

 

ゲームの仕事をやっていた時の事をきちんと書くと、とても長くなってしまいますので割愛しますが、

5年間、限界まで頑張りましたが、ゲームの世界でも当然長期に渡って

スキルを極めている人たちがいるので、結局の所、壁を越えることができませんでした。

 

その他大勢の仕事は沢山ありましたが、厳しいリテイク、ハードなスケジュールと、

自信喪失になり、最後の方は疲弊し切っていました。

 

 

 

両親が他界し、自分自身を見つめ直す

 

 

ゲームの仕事を始めた頃に父が亡くなり、

そして5年後母が亡くなりました。

 

母が亡くなったのがちょうど、ゲームの仕事に追われていた頃で、

仕事が忙しすぎた私は、旅行の大好きだ母と最後の旅行にも行く時間も取れませんでした。

 

母が亡くなった時の顔を見て、姉と二人で

 

「なんだか仏さまみたいに穏やかな顔だね」

 

と話していました。

(それが、原点とも言える仏さまを描くきっかけいになったのは、言うまでもありません。)

 

生前母が、私が追われるように仕事をしていたのを見て

「なんであんなに、大変な思いをしてやっているんだろうね?」

と言っていたそうです。

 

あの頃の私は、はたから見ても切羽詰まっていたんだなと思います。

 

せっかく大好きな絵を仕事にしているのに、こんなのではダメだ、

仕事だからといって、苦しいことをしてどうする?

 

今後は本当に好きなことをして行こう

 

そう心に誓い、ゲームの仕事を辞めることにしました。

 

苦しかったことも無駄ではない、むしろ好転へのきかっけ

 

 

さて、ゲーム系の仕事からは手を引きましたが、ゲームの仕事をやっていて

得るものがなかったかと言えば、そんなことはありません。

今になって思うと、沢山得た物があります!

まずは、短期間でかなりの枚数を描いたので、

 

デジタルのレベルが、かなり上がりました!

 

デジタル技術を習得出来たおかげで、今デジタル絵を思うように描くことができています。

あそこまで短期間で沢山描き、厳しいリテイクを繰り返したからこそ、身に付けられたスキルです。

 

そして、もう一つあります。

 

それはデッサンコンプレックスの解消です!

 

なぜかと言えば、ゲーム業界はリテイクが厳しく

(ゲーム仕事の絵は漫画系の絵なので、今私の描いているタイプとは違いますが)、

デッサンなども容赦ない程厳しく、繰り返し繰り返しチェックが入ります。

 

出版の仕事はこういうのはなかったので、その時にはそれは落ち込みましたが、

ただその結果、デッサンに対する目が鍛えられていたのです。

 

以前はいろいろな歯車がかみ合わなかったデッサンも、それからは上手くかみ合う様になりました。

 

やっていた当時が辛くても、いろいろやって来たことに無駄にはなっていなかったと言うことです。

 

 

次々とやりたい仕事が決まり、海外進出も

 

 

さて、ゲームの仕事を止めた時には

 

「しばらく失業でも仕方ない」

 

と思っていたのですが、折角好きなことをしようと決めたのだから、

以前から作りたかった「エンジェルのオラクルカード」を自主制作することにしました。

 

時間制限もなく、「自分の世界」をフルに詰めこんだカードは、

自主出版としては部数も重ね、そして海外のカード会社の目に止まり、

 

 

海外出版されたのです!

 

関連記事

私は仕事で占いをやっている占い師ではありませんが 特にカード占いやケルトの占いが好きで、何かに機会には占いをやっています。   ここでは私と占い、そして「オラクルアート」について関わりについて お話しして行[…]

 

エンジェルのオラクルカードと言えば海外が本場。

その本場の出版社から評価されたという事は、信じられないような出来事でした!

 

そしてエンジェルカードの成功の後、満を持して、

 

原点とも言える「仏さま」の絵を描き始めました。

 

仏教や仏さまのことを改めて学び直し、いろいろな方との出会いもあり、

日本のオラクルカード出版の代表的な出版社である

ヴィジョナリーカンパニーさんから

 

「日本の密教カード」が発売されました

 

Amazonで小瀧 宥瑞, 奥田 みきの日本の密教カード。アマゾンならポイント還元本が多数。小瀧 宥瑞, 奥田 みき作品…

 

その他にも、企画をプレゼンした本が続けて出版されるなど、

数々の経験や失敗を乗り越えた後には

 

どんどんと夢が実現化していったのです。

 

 

好きなことを追求した先にあるもの

 

 

今私は、好きな絵を描いて、それが出版されたり

その出版物に関連した商品やジクレー版画などを販売したり、

アトリエを開催するなど、本当に好きと言える仕事を沢山させて頂いています。

 

でも、この文章を読んで頂いた方ならおわかりになるように、

やはり今があるのは、色々な経験(特に失敗)を経て、

そして諦めずに修練を重ね、描き続けたからこそなのだと思います。

今はなんでも「簡単」が流行っている時代ですが

 

やりたいことをやり抜き

それを長期的に仕事に繋げていくのには

やはり覚悟と情熱が必要です。

 

でも、それが一つ一つ叶って行く喜びは、簡単に辿り着けるものとは比べものになりません。

 

私の周りには、絵に限らず、自分のやりたいことにこだわりを持って、

精進し、頑張っている人達が沢山います。

 

何かを突きつめて行くのに、ジャンルは関係ありません。

 

(私の一番の親友は建築家です。その他にも、セラピストや音楽家など

沢山の「頑張る人」がいます)

 

私は絵描きなので、このブログも絵のことがメインになりますが、

私の仕事の話などには、ジャンルを関係なく「共感します」と仰って頂けることが多いです。

 

このブログは、絵に関する情報や仏さまの記事がメインにはなりますが、

 

自分の個性を磨いて頑張っていく全ての人を応援し、

自分も一緒に向上していけるような、

 

そんな記事も書いていければと思っています。

 

長くなりましたが、ここまでお読み頂いてありがとうございました。

下記からは仕事歴などを掲載させて頂きます。

 

奥田みき・略歴

 

1968年2月4日。東京生まれ。叙情豊かな街、神楽坂で生まれ育ちました。

現在は江戸川区-小岩に在住しています。

 

東洋美術学校でグラフィックデザインを学びます。

 

その後文具会社にデザイナーとして勤務、退職後

1990年からイラストレーターとして活動をはじめます。

 

小説の装丁やオラクルカードイラスト、企業カレンダー等、数多くの媒体に採用して頂いています。

 

現在はデジタルとアナログの両方を駆使し「西洋幻想画」と「和テイスト」の2つの画風を描き

商業イラストと共に定期的に個展なども開催し、独自の世界を追求し続けています。

 

また、オーストラリアの出版社から著作のオラクルカードを海外出版するなど、

幻想的な作風は内外から評価して頂いています。

 

イラスト講座の講師としての活動も長く、初心者の方に向けても分かりやすくレクチャーしています。

講座は現在自宅アトリエでお教えしています。

 

イラストレーターとしての今までの主な仕事(ファンタジー系)

 

 

 

◆著書「大人の塗り絵 新刊が11月発売予定」(河出書房新社)

◆著書「TeenAngel Oracle Cards」(Blue Angel Publishing)

◆書著「大人の塗り絵~神獣と縁起物編~」(河出書房新社)

◆書著「大人の塗り絵~美しい仏画編~」(河出書房新社)

◆エポック社から「騎龍弁財天」と「虹龍」の2作品がジグソーパズル化

天使の絵柄でも「オラクルアートシリーズ」として3作品が発売

◆書著「エンジェルプリズムカード」(エンシェラート)

◆著書「幸せ招く天使を描こう」(廣済堂出版)

◆書著「ファンタジーイラストレーション、スーパーテクニック」(マール社)、台湾版も出版。

◆「Integration Tarot」Yahoo占い 78枚カードを制作・実装版も発売される(守田のりこさん監修)

◆iphoneアプリ、「エンジェルタロット」22枚とサイトデザインを制作

◆サークルケイサンクス占いコンテンツ、タロットカード22枚制作

◆「カラーエンジェルカード:幸せカラーセラピー」永岡書店刊

エンジェルカードを31枚描きました

◆「日本の歴史人物大辞典」イラスト12点制作/西東社刊

◆ギリシャ・ローマの神話がよくわかる本・イラスト50点制作/総合法令出版

◆「ヨーロッパの神話/ケルト・ゲルマン編」(ポプラ社刊)

◆タモラ・ピアス原作「アリーの物語」全四巻/PHP研究所刊

◆「女騎士アランナ」全四巻/PHP研究所刊

◆「天使体験 ガーディアンエンジェルとの出会い 」/

エイミー・オスカー , ドリーン・バーチュー /ベストセラーズ刊

◆タモラ・ピアス原作「アリーの物語Ⅳ」 予言されし女王/PHP研究所刊

◆コーセー化粧・商品イメージビジュアル
◆「月のメッセージ」/カードイラスト・パッケージイラスト制作/アルマット刊

◆「ハリーポッター7前夜祭」/出版文化社刊

◆「ロビンフッドの冒険」/ポプラ社刊

◆ロビン・ホブ作/「ファーシーアの一族」シリーズ/東京創元社刊「騎士(シヴァルリ)の息子 」
「帝王(リーガル)の陰謀」/ 「真実(ヴェリティ)の帰還」/発売中

◆タモラ・ピアス原作「女騎士アランナシリーズ」/PHP研究所刊 全4巻

◆ヴォルフガング&ハイケ ホールバイン作/「メルヘンムーン」

◆「ナルニア国物語の謎~アスランの秘密」

◆「メドレヴィング―地底からの小さな訪問者 」/キルステン ボイエ
など他数

 

イラストレーターとしての今までの主な仕事(メルヘン系系)

 

 

◆関西アーバン銀行カレンダー

◆ポーラ 化粧品カレンダー

◆森永製菓カレンダー

◆「ファンタジー&メルヘンイラストレーション2」(グラフィック社)掲載

◆明治乳業パンフレット表紙イラスト

◆東邦生命グリーティングカード、テレフォンカード

◆ベビーエイジダイアリー

◆JR東海身延線イラスト

◆「わくわく絵本箱」装丁(学陽書房)

◆canonグリーティングカード

◆ナリス化粧品広告 植物イラスト

◆ソーケンメディカル「健茶ん」パッケージイラスト

◆三井石油「童話カレンダー」(競作、シンデレラを担当)

◆花カレンダー「Pastel Green」

◆「イーフローラ花カレンダー」

◆「ソーマ化粧品カレンダー」

◆「カレンダー 夢のつばさ」

他、雑誌、学習教材、挿絵等多数。

 

今までの主なクライアント

 

◆ 講談社  ◆小学館  ◆サンリオ  ◆学習研究社  ◆マール社  ◆PHP研究所

◆フレーベル館◆ポプラ社  ◆凸版印刷  ◆電通  ◆タカキベーカリー(アンデルセン)

◆JR東海◆ ◆河出書房新社、他多数

 

 

アート講師歴

 

◆朝日カルチャー「ファンタジー水彩」(短期講座)

◆東洋美術学校。イラスト講座(4年間担当)

◆東武カルチュア イラスト教室1999年~(現在は終了しました)

◆銀座ソレイユ 2012年5月(現在は終了しました)

◆2012年5月自宅アトリエ「アトリエ ファンタージェン」オープン

現在は講師はアトリエを中心に活動。

 

受賞歴・展覧会歴

 

12回「詩とメルヘンイラストコンクール、佳作賞受

2017年「ドラードギャラリー表現者展」北見隆賞受賞

 

個展・グループ展

ドラードギャラー(早稲田)

STAGE銀座 (銀座)

銀座ソレイユ(銀座)

檜画廊(神保町)

オレンジギャラリー(池袋)

等で定期的に個展を開催する。

 

他、コズミックフィージョン(大崎美術館)、伊東屋・eーSPACE展(銀座)などのグループ展にも多数参加

 

仕事へのポリシー

 

オリジナルブランド「観稀舎」を立ち上げ、

オリジナルグッツや占いのカードなどの開発・制作もしています。

 

描く物に対する背景をきちんと学びたいスタンスなので、

ライフワークとして追求しているものに関しては、描く事以外の学びも続けています。

 

現在は、仏教系の講座や講演に良く通っています。

 

占いは、ケルティック・ディヴァイン・オガム、ウィッカストーン、

タロット、エンジェルオラクルカードなどを学びました。

ヤンタラ・ジローさんに惹かれ、演奏会でのクリスタルボウルの音に導かれ、

チャネリングアートとしての描き方にも開花します。

(以降、インスピレーションアートとして描いています)

最新情報をチェックしよう!

お知らせの最新記事8件

>癒しの現代仏画と龍神画

癒しの現代仏画と龍神画

ジクレー版画をはじめ原画などの販売サイト

CTR IMG