【かっこいい龍のイラスト・簡単な描き方】~顔編~動画付きでご説明します!

こんにちは、画家の奥田みきです。

 

龍の顔と言えば、古典的でちょっとユーモラスに溢れる顔を

思い浮かべるかと思いますが、

昨今では、ゲーム系のかっこいい顔から癒やし系の顔まで

まで色々な龍の書き方があります。

 

西洋の龍(ドラゴン)はベースが虫類や恐竜の顔の変形なのですが

東洋の龍はそれとは少し違っています。

 

私も最初に龍を描き始めた時に、龍の顔がどういう構造になっているのか

分からずに苦労したので、ここでは「東洋の龍」に特化した描き方を、動画も交えてご説明しますね!

 

今回は特に、古典的な顔ではなく、かっこいい・うつくしい龍のイラストを描いて見たい方に向けての記事になります。

関連記事

絵の描き方のページを分かりやすく整理しました。 龍、仏画、水彩絵の具、色鉛筆、デッサン、アクリル絵の具など お好きなジャンルへお進みください。 龍の描き方 【かっこいい龍のイラスト・簡単な描き方】~顔編~動画付きでご説明しま[…]

龍のイラスト~かっこいい、かわいい、うつくしいなど色々なタイプの龍を描こう!

 

 

昨今では「龍神ブーム」と言って良い位、色々な場所で龍神の話を聞きます。

 

縁起の良い霊獣として、龍に縁のある場所にお参りに行ったり龍の絵を描いたりする方も多いですよね。

 

 

「龍神とは?」についての解説は下記のページに書きましたのでそちらをご覧下さい

 

 

 

ここでは「龍の描き方」についてご説明します。

 

龍の全身の描き方まで入れると長くなってしまいますので、今回は「龍の顔の書き方」になります。

古典的な顔の龍

 

 

まずは、古典的な龍の顔を見てみます。

 

古来より描かれている龍の顔は、目が丸くて、鼻が大きく、どことなく、おじいさんのような感じもしますよね。

 

これも、もちろん素敵なのですが、近年では作家の好みに合わせて龍神も色々な顔で描かれます。

 

色々な顔の龍

 

私も顔の顔の造形は、基本的には古典的なものを参考にしていますが

アレンジもしていて、少し目が細長で、鼻は小さめで

 

「かっこいい龍」に感じになるように描いています。

関連記事

龍神画と神獣 [foogallery id="242"] 神社仏閣に行くと、境内にいる龍や神獣の写真を撮るのが好きでした。 自分で龍を描きはじめた頃、古典的な顔ではない 「奥田みきっぽい顔の龍」を描きたいと思い、それ[…]

この項目のtop画像に3種類の違ったタイプの顔を乗せました。

左端は「子龍

可愛い龍です。

「龍ってどこか怖くて…」という方にも人気のあるタイプの龍です。

子犬のような感じで描いています

 

中央は「成人の龍」

いわゆる「龍神」らしいお顔ですが、

「きりっ」とした感じになるように描いています。

かっこいい龍ですね!

 

右端が「若い龍」

成人の龍より少し若い感じです。

こちらは女性に人気のある顔です。

美しい龍、という感じです。

 

 

 

 

 

並べて見ると、それぞれ特徴があるね! 色々描いてみて、好きな感じの顔を見つけてね!

龍の書き方~龍の九似~

 

 

~龍は九つの動物に似る~

 

「龍の九似」については、龍の記事に記載いたしましたが、

ここでは顔の部分のみをアップにして抜き出してみました。

 

この絵では、目の形が古典的な「まん丸」で描いていない以外は

古典顔に近い感じで描いています。

 

 

それでも、一応「龍の九似」に沿って描くことで

「龍神」らしい感じになります。

 

顔の特徴をざっと書き出してみますと。

 

  • 龍の目は寄っていて、草食動物ではなく、肉食動物の骨格をしている。
  • 龍の角は鹿に似ています。木の枝のように描かれ、二割れで描かれる事が多いです。
  • 目は兎(鬼とも言われます)に似ています。
  • 口は諸説あるのですが、一番似ているのはやはりワニだと思います
  • 頭はラクダに似ていると言われ、山上になっています
  • 鼻は人間の鼻に似ています
  • 眉毛はもさもさと密集していることが多いです。

 

 

上記の様な箇所を絵に入れていくと

「龍神らしい顔」になります。

かっこいい龍のイラストを描いてみましょう!まずは動画から

 

 

 

 

さて、では実際に龍の書き方のご紹介です。

 

まずは手順を動画にまとめてみましたので一連の流れをご覧下さい。

 

下記からは順番に書き順を追っていきます。

かっこいい龍のイラスト~顔の簡単な骨格からスタート

 

①まずは頭蓋骨の丸い部分を描きます

(これは人間を描く時でも一緒です)

②顔の中心線を引きます。

横顔に近い斜めを向いている顔なので、中心よりかなり外側です。

この中心線があると左右のバランスが取りやすいです。

③龍の骨格は鼻の長い犬の変形です。

犬と同じように筒状顎~鼻先の部分を

先の細くなった立法系で描きます。

龍は顔が長めなので長く書きます。

 

 

 

鼻先の長い動物は龍に限らず、この「丸+立法系」でベースの形を取れるようにすると、角度が変わった時などにも形が崩れる心配がなくなるよ!

かっこいい龍のイラスト・顔の描き方~

 

 

④ 龍の骨格は犬の形の変形、と描きましたが

もちろん犬と同じではなく違いもあります。

 

大きな違いは

口がワニのように裂けている事です。

 

顎の部分に「丸」を描きます。(ここを起点に口が開閉します)

 

鼻の側面と、鼻面のアタリを描きます。

(アタリとは、「この辺に入ると言う、位置決めのための線です)

⑤ 目の入る部分にもアタリを付けます

(目そのものの形ではなく、目が入る頭蓋骨の穴の部分です。

後でこの場所に影も入ります)

⑥口を入れます。

少しギザギザした、ワニの様な口です。

閉じている口ですが、牙も少し見えます。

 

⑦角を描きます。

 

ここでベースの形は終了。

次からこのアタリに沿って肉付けをして行きます。

 

 

 

龍に限らず、「物の形」を取るのに一番大事なのはこのベースの形なんだって。ここの形が間違っていたり、ゆがんでいると、いくら上に肉付けをしても形がおかしいままになってしまうらしいよ。なので、まずはベースの形が描ける様になるのが大事なんだ。
関連記事

仏画作品集 [foogallery id="5779"] 十代の中頃に仏教の世界に惹かれ、その頃から寺院仏閣巡りが好きでした。 当時ではまだ珍しい「仏像ガール」でした。 ただ当時は仏像に比べると仏画は少し怖く見え、 […]

かっこいい龍のイラスト~肉付けをしていく

 

⑧ ここから肉付けをしていきます。

目の大きさ~

眉毛の形、

鼻の太さなどを描いていきます。

 

それをそれをどんな風に描くのかで

個性が決まってきます。

色々試して見て、個性的なお顔を作って下さいね!

 

⑩ 鼻の形も色々です。

古典的な龍神の顔の鼻は結構大きめですが

私は小さめが好きなのでこのくらいで描きます。

 

⑪口の周りに付いている、ギザギザしたヒゲを描きます。

上顎の部分と、下顎と部分のヒゲに分かれています。

 

顎の周りのギザギザしたヒゲ(毛)も描きます。

 

⑫角を描き、髪を描きます。

髪の部分は通常は余り固そうな髪ではありません。

 

⑬ ヒゲを描きます。
⑭ 完成です!

元の絵と重ねてみました。

おまけ

 

こちらは手順の絵よりも精密に描いた線画になりますので

参考に乗せてみます、

 

●この絵では髪を渦巻き状にして、少しデザイン化しています。

●角の形は「鹿に似る」とされていますが、こんな感じで

木の枝のように描かれる事が多いです。

 

かっこいい龍のイラスト・難しい!と言う方はまずはこちら

デッサンをやったことのない方ですと、この描き方は分りづらいかも知れません。もっとシンプルに考えて、練り消しを使って練習してみましょう!

 

まずは丸と三角(頭蓋骨と口の先の形です)を作ります。

 

 

これを二つくっつけて

こんな形にします。

これが一番シンプルな骨格なので

ここに鉛筆で目の位置など描いてみると、さらに分かり易いですので

色々な角度から龍を書いて見てみましょう!

かっこいい龍の塗り方・もっと突っ込んで見たい方は

ワニの骨格を見本にしてみましょう!

立体が一つ側にあると形を取るのに役立ちます。

龍は「顔は鰐に似る」と言われているくらいですので

良い参考になります!

※実際大体龍もこんな骨格だと思います。

ただ!下記のポイントだけ気をつけてくださいね。

 

  • 首がもっと長い
  • 後ろ足がもう少し後ろについている
  • 目がもう少し中央についている

Amazonで1500円位で購入できます。

 

龍の自在置物

私は龍を描き始めた頃、見本にこれを持っていたのですが

残念ながら廃盤になってしまいました。

普通の置物と違って、動くのが良かったのですが…。

 

骨格はとても大事だよ! ぜひ立体を手に入れて、色々な角度からみてね! できれば動かせる物がが良いよ!

うつくしい龍のイラスト・色の塗り方はこちらから

 

龍の色の塗り方はこちらでご説明しています。

こちらは女性的なうつくしい龍のイラスト(アクリル画)の塗り方です

関連記事

こんにちは。画家の奥田みきです。   今回はアクリル絵の具で塗る「龍の描き方」を 動画を含めて解説させて頂きます。   この動画は細かい技法や画材の説明ではなく、 アクリルで作品を描く[…]

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

西洋の龍(ドラゴン)の描き方講座は結構あるのですが

私が本格的に龍絵を始めた時に、東洋の龍の顔の形は

古典的な描き方の解説しかなく、色々立体などを骨格に当てはめてみたりして

作った描き方です。

何かのお役に立てれば嬉しいです。

 

 

 

絵画教室アトリエ観稀舎では

龍神や仏画、ファンタジーなど幅広い課題に対応しています。

癒しの神仏画・観稀舎

画家・奥田みきの絵画通販ショップ|仏画・日本の神様・龍神画 ・スピリチュアルアート

CTR IMG