個性を磨き道を開いて行きたいすべての人へ…

【色鉛筆におすすめの紙】5つに絞ってご紹介します

 

こんにちは、画家/イラストレーターの奥田みきです。

 

私は色鉛筆は主に「大人の塗り絵」の原稿描きに使用していますが

原稿制作の時には実際の本の紙ではなく、別の紙を使っています。

 

色鉛筆は「大人の塗り絵」で使用する方も多いと思いますが

ここでは、自分で紙を選んで使用する時のために、私が使用している紙をご紹介しますね

 

▼色鉛筆のおすすめについては下記でご紹介しています。

関連記事

色鉛筆は水で溶いたり、パレットを広げたりする必要もなく 手軽に使えることから、幅広いユーザーのいる画材ですよね。   こんにちは、画家/イラストレーターの奥田みきです。   私自身、色々なメ[…]

 

 

色鉛筆 と相性の良い紙~

 

 

(画像は私が出版している本です)

 

色鉛筆での紙選びには大きく2つのポイントがあります。

それはどんな画風で描きたいか、です。

 

一事で色鉛筆と言っても、作風には大きくわけて、二つの描き方があります。

その二つとは…。

 

 

①タッチを活かした絵

 

ざくりと塗ったり、わざと目の粗い紙を使い紙の目を活かした描き方です。

絵本調から、似顔絵、スケッチなど様々な用途で利用されます。

 

②精密画

 

紙の目を塗りつぶし、精密に塗り込んで行く方法です。

写実や精密な画風の方が好んで描きます。

 

写実絵の精密画の場合は主に紙の目のない紙を使用し、ケント紙の様な表面がツルツルの紙で描く方も多いです。

 

 

 

 

参考作品を使ってご説明します。

 

左の可愛い方が、「タッチを活かした絵」

 

使用した用紙は「ホワイトワトソン」です。

わざと紙の目を活かした塗ることで暖かなラッチに仕上ります。

絵本やエッセイの挿絵などでも良く見かけるタッチですね。

 

右が「リアルに描き込んだ絵」

 

使用した用紙は「ウォーターフォードの中目」、背景にパンパステルを使用しています。

先端を尖らした色鉛筆で紙の目を潰す感じで塗り込みます。

 

ちなみに、鉛筆の先端はこんな感じで、鉛筆削りは使用せずに手で削ります。

その方が細い線を長く描けるので塗りやすいです。

 

 

色鉛筆は水彩と違って、あまり紙が仕上がりに反映しないと考えられがちです。

でも実際はやはり、紙の選択が仕上がりに大きく影響しますので、気に入った紙を見つけてくださいね。

では、下記から実際の紙の紹介をしていきます。

 

色鉛筆におすすめの紙・ マルマンスケッチブック~

 

 

マルマンスケッチブック

お勧め度 ★★

 

一般的に入手しやすく、安価なスケッチブックです。

色鉛筆に限らず、クロッキーやスケッチなどにも使用出来ます。

しっかりとした作品を描くというよりは、スケッチや習作向きです。

 

紙が余り厚くないので耐久性はありませんが、最初に試してみるのには、お手頃なのでお勧めです。

 

私は普段のアイディア出しの他、クロッキーの時などには

このマルマンスケッチブックのA3サイズを使います。

普段から、A3とA4と常備しています。

 

色鉛筆におすすめの紙・マルマン 水彩紙 ヴィフアールの中目

 

 

お勧め度 ★★★

マルマン 水彩紙 ヴィフアールの中目

 

こちらも目があるので、紙の風合いが残ります。

価格はウォーターフォードよりお手頃で、色鉛筆ではヴィフアールを使う方も多いです。

 

ただ、同じように目のある紙ですと、使い勝手は下記で紹介しているウォーターフォードの方が良いです。

(重ね塗りをしてみると、使用感がまるで違うのです!)

 

切り離すタイプのスケッチブックになっています。

中目の他に細目もあり、水彩でも良く使われる紙です。

 

 

 

(美しい仏画/ホビージャパン刊より。)

この作例はヴィファール中目+色鉛筆 カランダッシュ スプラカラーソフト水溶性色鉛筆で仕上げています。

色鉛筆におすすめの紙ウォーターフォードの中目

 

 

お勧め度 ★★★★★

②ウォーターフォードの中目

 

私はこれが一番気に入っています。

 

紙の目がある程度あるので、塗りつぶしていくのには手間はかかるのですが、紙の風合いも残った作風になるので、仕上がり感が気に入っています。

水彩画の時にも兼用できますし、迷った時にはこれを使ってみて下さい。

ウォーターフォードはブロックタイプになっているものが主流ですが、私は下記のばら売りになっているものを使用しています。

 

 

サイズは下記の二通があります。

●中判1/8パック(4枚入280×180mm(4枚入)

●中判1/4パック 380×280mm(2枚入)

 

300gと、190gとありますが色鉛筆でしたら

薄い方で大丈夫です(私は水彩と併用なので300gを使用しています)

 

●色はホワイトとナチュラル。ホワイトの方が使いやすいです

 

ウォーターフォードホワイト水彩紙300g【細目】中判1/8パック(4枚入)

 

 

画材, 額縁の販売専門店「世界堂」の通販サイト。「より良い物を、より安く」がモットーです!!…

 

ブロックタイプはこちら

 

(美しい仏画/ホビージャパン刊より。)

この作例はウォーターフォードの中目+色鉛筆 カランダッシュ スプラカラーソフト水溶性色鉛筆で仕上げています。

色鉛筆におすすめの紙~ウォーターフォードの細目

 

お勧め度 ★★★★★

①ウォーターフォードの細目

 

上記の水彩紙のウォーターフォードの細目です。精密に塗り込んで行くのに適しています。

 

ウォーターフォードはスケッチブックなどの割安な紙に比べると

A4サイズで100円ちょっとしますが、品質の良い水彩紙で塗ると、細目の紙でも重ね塗りが難なく出来ます。

 

画材, 額縁の販売専門店「世界堂」の通販サイト。「より良い物を、より安く」がモットーです!!…

「神獣と縁起物塗り絵」より

この作例はウォーターフォードの細目+色鉛筆 カランダッシュ スプラカラーソフト水溶性色鉛筆+パンパステルで仕上げています。

色鉛筆におすすめの紙~ホワイトワトソン~

 

 

お勧め度 ★★★

①ホワイトワトソン

 

通常のワトソン紙はナチュラル(多少黄が掛っている)なのですが、こちらは純白の紙です。

 

目は中目ですが、やや目が大きく、パステルなどにも使用出来ます。

価格も安めですので色々な用途で使用出来ます。

 

画材, 額縁の販売専門店「世界堂」の通販サイト。「より良い物を、より安く」がモットーです!!…

 

まとめ

 

どんな画材にも言えますが、画材は使う方のタッチや作風などで選ぶ物は変わってきます。

なのでいわゆる「正解」はありません。

 

今まで使っていた紙を変えてみると、信じられないくらいに使い易くなった!

と言うことも良くあります。

 

まずは、ばら売りや、ポストカードサイズなどの小さいサイズから

試して見るのも良いでしょう。

自分の表現したい画風にぴったりな紙を求めて、色々使って見て下さい!

 

関連記事

こんにちは、画家/イラストレーターの奥田みきです。   今日は絵を描くための、色々な画材についてお話しさせて頂きます。   私は画材が大好きで、その時々で描く題材に合わせて色々な画材を試してきまし[…]

関連記事

こんにちは。 画家・イラストレーターの奥田みきです。   水彩絵の具は初心者の方にも入りやすく、人気の画材ですよね。 今回は「これから透明水彩絵の具をはじめたい!」という方に向けて、透明水彩絵の具の選び方をご紹介[…]

水彩画

 

 

最新情報をチェックしよう!
>癒しの現代仏画と龍神画

癒しの現代仏画と龍神画

ジクレー版画をはじめ原画などの販売サイト

CTR IMG